髪の毛のお手入れを欠かさない

>

濡れた状態を放置しない

余分な水分を拭き取ろう

ドライヤーを当てる前に、水分をタオルで拭き取ってください。
タオルだけでも、ある程度の水分は吸収できます。
それからドライヤーを当てることで、当てる時間を短縮させることができます。
乾かすためでも、熱風を長時間当てることは髪の毛に良くない影響を与えると覚えておきましょう。
髪の毛を洗う時と同じで、余計な力を入れないでください。

タオルを軽く髪の毛に当てるだけで、水分を拭き取れるでしょう。
清潔なタオルを使うことで、雑菌が付着することはありません。
シャンプーを髪の毛を乾かすことは、セットだと思ってください。
綺麗に洗っていれば大丈夫だと考える人が見られますが、乾かさないとシャンプーの意味がなくなってしまいます。

ドライヤーを離して使おう

熱風を、至近距離で当ててはいけません。
15センチ以上離すことで、ダメージを与えずに髪の毛を乾かすことができます。
タオル越しに熱風を当てることも、髪の毛を守ることに繋がります。
また毛先ではなく、頭皮を乾かすことを心がけてください。
先端だけしっかり乾かしても、頭皮が濡れていると意味がありません。

頭皮までドライヤーを当てて、乾かしましょう。
使いやすいドライヤーを買うのも良い方法です。
力の弱い人は、大きくて重いドライヤーは使いにくいと思います。
軽くて小さい製品の方が、ずっと持っていられるので便利です。
家電量販店に行くと、たくさんのドライヤーが販売されています。
本格的にヘアケアをするなら、ドライヤーを見直しましょう。